健全なる精神は健全なる身体に宿る

【読み】 けんぜんなるせいしんはけんぜんなるしんたいにやどる
【意味】 健全なる精神は健全なる身体に宿るとは、体が健康であれば、それに伴って精神も健全であるということ。また、何事も身体がもとであるということ。

【健全なる精神は健全なる身体に宿るの解説】

【注釈】 ローマの詩人ユベナリスの『風刺詩集』にある「大欲を抱かず、健康な身体に健全な精神が宿るようように祈らなければならない」の一部が訳され広まったことば。
「健全な精神は健全な肉体に宿る」とも。
【出典】
【注意】 不健康な体には健全な精神が宿らないという意味ではない。
【類義】
【対義】
【英語】 A sound mind in a sound body.(健全なる精神は健全なる身体に宿る)
【用例】 「健全なる精神は健全なる身体に宿るで、ジムに通って規則正しい生活をするようになってからは、気分も安定している」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス