蹴る馬も乗り手次第

【読み】 けるうまものりてしだい
【意味】 蹴る馬も乗り手次第とは、乱暴で扱いにくいような者でも、うまい扱い方はあるということのたとえ。

【蹴る馬も乗り手次第の解説】

【注釈】 人を蹴る癖のある暴れ馬でも、乗る人がうまく調教すればおとなしくなることから。
【出典】
【注意】
【類義】 かぶり馬にも合い口/癖ある馬に乗りあり/人食い馬にも合い口
【対義】
【英語】
【用例】 「蹴る馬も乗り手次第で、うまく教育していくことが大事だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス