毛を吹いて疵を求む

【読み】 けをふいてきずをもとむ
【意味】 毛を吹いて疵を求むとは、他人の小さな欠点をわざわざ探し出したりすること、また、人の欠点や悪事をあばこうとしてかえって自分の欠点をさらけ出すことのたとえ。

【毛を吹いて疵を求むの解説】

【注釈】 毛を吹き分けて根元の小さな傷を探し求めるように、他人の小さな欠点や悪事をわざわざ探し出したり、追求したりすることをいう。
『韓非子・大体』に「毛を吹いて小疵を求めず、垢を洗って知り難きを察せず(ことさら毛を吹き分けて小さな傷を探したり、垢を洗い落として分かりにくかった色を知るようなことはしない)」とあるのに基づく。
「疵」は「傷」のこと。
「毛を吹いて過怠の疵を求む」「毛を披いて瑕を求む」「毛吹いて瑕を取る」とも。
【出典】 『韓非子』
【注意】
【類義】 垢を洗って痕を求む/吹毛求疵/藪蛇藪をつついて蛇を出す
【対義】 大目に見る
【英語】 Search not too curiously lest you find trouble.(難儀な目にあわぬよう、あまり根掘り葉掘り探すな)
【用例】 「目障りな同僚をなんとかクビにさせようと、毛を吹いて疵を求むるように粗探しばかりしていた彼は、かえって自分の欠点をさらけ出していた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス