疑心暗鬼を生ず

【読み】 ぎしんあんきをしょうず
【意味】 疑心暗鬼を生ずとは、疑いの心をもって見ると、なんでもないことでも疑わしく見えてくるということのたとえ。

【疑心暗鬼を生ずの解説】

【注釈】 心に疑いがあると、様々な不安や妄想を掻き立てられ、なんでもないことでも恐ろしく思えたり、疑わしく思えたりするものである。
疑いの心をもっていると、暗闇の中にいるはずのない鬼の姿が見えたりするということから。
『列子・説符』の注釈書に「諺に曰く『疑心暗鬼を生ず』と。心疑う所有れば、その人鉄を窃ずといえども、我疑心を以て之を視れば、則ち其の件件皆疑うべし」とあるのに基づく。
「疑心、暗鬼を生ず」と区切って読む。
「疑心暗鬼を作る」、また単に「疑心暗鬼」とも。
【出典】 『列子』
【注意】 「疑念暗鬼を生ず」とするのは誤り。
【類義】 疑いは暗中の人影/疑えば目に鬼を見る/落ち武者は薄の穂にも恐ず/窃ぷの疑い/茄子を踏んで蛙と思う/杯中の蛇影幽霊の正体見たり枯れ尾花
【対義】
【英語】 To fight with one's own shadow.(自分の影と戦う)
【用例】 「疑心暗鬼を生ずというが、教室で盗難があって以来、クラス中がぎくしゃくしている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス