義を見てせざるは勇無きなり

【読み】 ぎをみてせざるはゆうなきなり
【意味】 義を見てせざるは勇無きなりとは、人として行うべき正義と知りながらそれをしないことは、勇気が無いのと同じことである。

【義を見てせざるは勇無きなりの解説】

【注釈】 孔子の言葉で、『論語・為政』に以下のようにある。
「其の鬼に非ずして之を祭るは諂うなり。義を見て為さざるは勇無きなり(自分の祖先ではない霊を祭るのは諂うことである。人としてなすべきものだと知りながら、それをしないことは勇気が無いからだ)」
「義」は儒教の五常(義・仁・礼・智・信)の一つで、筋道の通った正しい行いのこと。
【出典】 『論語』
【注意】
【類義】
【対義】 触らぬ神に祟りなし
【英語】 Neither seek nor shun the fight.(強いて争いを求めてはいけないし、あえて争いを避けてもいけない)
【用例】 「彼がいじめられているのを知って、知らぬふりはできなかった。たとえ自分が巻き込まれても、義を見てせざるは勇なきなりという言葉を貫くべきだと思ったから」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス