玉石混淆

【読み】 ぎょくせきこんこう
【意味】 玉石混淆とは、良いものとそうでないもの、あるいは優れたものと劣ったものが、区別なく入り混じっていることのたとえ。

【玉石混淆の解説】

【注釈】 「混」「淆」は共に「入り混じる」という意味。
貴重な玉と、価値のない石が交じり合っていることからいう。
「玉」は賢者、「石」は愚者の意味もある。
『抱朴子・尚博』に「真意眞僞倒し、玉石混淆す(本物と偽者を取り違え、玉と石を一緒くたにする)」とあるのに基づく。
「玉石混交」とも書く。
【出典】 『抱朴子』
【注意】 「玉石混合」や「玉石混同」とするのは誤り。
【類義】 玉石同架/玉石同匱/魚目混珠/魚目珠に混ず
【対義】
【英語】 Some fish some frogs.(魚もいれば蛙もいる)
【用例】 「募集した作品は玉石混淆だった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス