驥尾に付す

【読み】 きびにふす
【意味】 驥尾に付すとは、すぐれた人物の後につき従っていれば、自分の能力以上のことが成し遂げられることのたとえ。

【驥尾に付すの解説】

【注釈】 「驥」とは、一日に千里も走る名馬のこと。駿馬。
名馬の尻尾に付いていけば、遠くまでは飛べない蠅でも、、千里のかなたでも行けることから。
一般に、人と行動を共にするとき、謙遜の気持ちを込めて使う。
『史記』に「顔淵は篤学なりと雖も、驥尾に付して行い益々顕る(顔淵はよく学問に励んでいたが、孔子というすぐれた人の下で学んだことによって、その行いはますます世に知られるようになった)」とあるのに基づく。
「驥尾に付く」ともいう。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 蒼蠅驥尾に付して千里を致す
【対義】
【英語】
【用例】 「微力ながら、驥尾に付す所存でございます」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス