雉も鳴かずば撃たれまい

【読み】 きじもなかずばうたれまい
【意味】 余計なことを言ったばかりに、自ら災いを招くことのたとえ。

【雉も鳴かずば撃たれまいの解説】

【注釈】 雉は鳴かなければ居所を知られず、撃たれることもなかったのにという意味から、無用な発言をしたために、自ら災いを招くことをいう。
「雉も鳴かずば打たれまい」「雉も鳴かずば射たれまい」とも書く。
「鳴かずば雉も撃たれまい」「鳥も鳴かずば撃たれまい」ともいう。
【出典】
【注意】 「雉も鳴かずば撃たれない」というのは誤り。
【類義】 蛙は口から呑まれる/口は善悪の門/口は禍の門口は災いの元/三寸の舌に五尺の身を亡ぼす/舌は禍の根/多言は身を害す/物言えば唇寒し秋の風/病は口より入り禍は口より出ず/禍は口から
【対義】
【英語】 Quietness is best, as the fox said when he bit the cook's head off.(雄鶏の頭を噛み切った狐が言ったように、静かにしているのが一番良い)
【用例】 「酒の席だからといって、上司に失言したばかりに左遷されたらしい。雉も鳴かずば撃たれまいというのに、ばかだなあ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス