聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

【読み】 きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ
【意味】 聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥とは、知らないことは積極的に質問するべきだという教え。

【聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥の解説】

【注釈】 知らないことを人に聞くのは、そのときは恥ずかしいと思っても、聞かなければ一生知らぬまま過ごすことになるので、そのほうが恥ずかしい。
知らないことを恥ずかしがったり知ったかぶったりせずに、素直に聞いて学ぶべきだという教え。
「一時の恥」は「一旦の恥」ともいう。
【出典】
【注意】 「末代」は、死んでからの後の世のことで、子孫という意味ではない。
【類義】 聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥/知らずば人に問え/問うは一時の恥、問わぬは末代の恥
【対義】
【英語】 Asking makes one appear foolish, but not asking makes one foolish indeed.(聞くと愚か者に見えるが、聞かなければ本当の愚か者になる)
Ask much, know much.(大いに聞いて大いに知れ)
【用例】 「私の座右の銘は、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥である。自分がわからないことは、後輩であっても年少者であっても、変なプライドなど持たずにどんどん聞いて吸収している」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス