奇貨居くべし

【読み】 きかおくべし
【意味】 奇貨居くべしとは、よい機会は逃さずに、うまく利用しなければならないことのたとえ。

【奇貨居くべしの解説】

【注釈】 「奇貨」とは珍しい品物のことで、買っておけば値上がりするかもしれないから、今仕入れるべきだということから。
「居く」は、手元にとどめておくという意味。
秦の商人、呂不韋が趙に人質となり冷遇されていた秦の王子子楚を助けて、あとでうまく利用しようとしたという『史記・呂不韋伝』の故事に基づく。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 機失うべからず/好機逸すべからず
【対義】
【英語】
【用例】 「奇貨居くべしだ。一刻も早くその物件はおさえておいたほうがよい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス