木に竹を接ぐ

【読み】 きにたけをつぐ
【意味】 木に竹を接ぐとは、ちぐはぐで調和や釣り合いがとれないことのたとえ。

【木に竹を接ぐの解説】

【注釈】 木の性質と竹の性質は異なることから、木に竹を接ぎ木してもなじまないことから、前後がふぞろいであったり、物事の調和や釣り合いがとれなく、不自然なことのたとえとなった。
「木に竹を接ぐがごとし」「木に竹を接いだよう」「木に竹」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 竹に接ぎ木
【対義】
【英語】 To mix water with fire.(水と火を一つにする)
【用例】 「犯人は、なんとか無実を訴えようと嘘を並べ立てたが、嘘に嘘が重なって木に竹を接ぐような、筋の通らない弁解をまくしたてた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス