木に縁りて魚を求む

【読み】 きによりてうおをもとむ
【意味】 木に縁りて魚を求むとは、物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うこと。

【木に縁りて魚を求むの解説】

【注釈】 魚は水中にすむものだから、木に登って魚を探しても得られないということから。
手段を誤れば、何かを得ようとしても得られないということ。また、見当違いで実現不可能な望みを持つことをいう。
武力で天下統一を企んだ斉の宣王に、武力のみで天下を取るのは不可能だと指摘した、孟子の言葉から。
「土地僻き秦楚を朝せしめ、中国に莅んで四夷を撫せんと欲するなり。若き為す所を以て若き欲することろを求むるは、猶お木に縁りて魚を求むるがごときなり」とある。
【出典】 『孟子』梁恵王・上
【注意】
【類義】 氷を叩いて火を求む/水中に火を求む/天に橋をかける/天を指して魚を射る/畑に蛤/百年河清を俟つ/水を煎りて氷を作る/山に蛤を求む
【対義】
【英語】 Look not for musk in a dog's kennel.(犬小屋の中に麝香を見つけようとするな)
You ask an elm tree for pears.(楡の木に梨を求める)
【用例】 「法学部に在籍しながら将来は医師を目指すだなんて、木に縁りて魚を求むというものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス