槿花一日の栄

【読み】 きんかいちじつのえい
【意味】 槿花一日の栄とは、この世の栄華が、はかなくむなしいことのたとえ。

【槿花一日の栄の解説】

【注釈】 「槿花」はムクゲの花のこと。
ムクゲは夏から秋にかけて咲く花で、朝開いて夕方しぼむことから、はかないもののたとえとして使われる。
人の盛りの華やかさも、ムクゲの花と同じようにはかないものだということ。
【出典】 白居易・詩『放言』
【注意】
【類義】 朝顔の花一時/槿花一朝の夢/花一時人一盛り
【対義】
【英語】 Today a man, tomorrow a mouse. (今日は人間、明日はネズミ)
【用例】 「槿花一日の栄というから、一分一秒を無駄にしないで生きたい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス