昨日は人の身、今日は我が身

【読み】 きのうはひとのみ、きょうはわがみ
【意味】 昨日は人の身、今日は我が身とは、人の運命はいつどのように変わるか予測できないものだし、災難はいつ誰の身に降りかかってくるか予測できないものだということ。

【昨日は人の身、今日は我が身の解説】

【注釈】 昨日他人に降りかかった災難が、今日は自分の身に降りかかってくるかもしれないのだから、他人事だと思ってはいけないという戒め。
「昨日は人の上、今日は我が上」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 浮世は回り持ち/今日は人の上、明日は我が身の上/人の上に吹く風は我が身に当たる/人の事は我の事
【対義】
【英語】 Today you, tomorrow me.(今日は貴方、明日は私)
【用例】 「昨日は人の身、今日は我が身で、まさか自分がリストラを言い渡されるなんて思わなかった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス