金石の交わり

【読み】 きんせきのまじわり
【意味】 金石の交わりとは、友情のきわめて堅く結ばれていることのたとえ。また、いつまでも変わらない交際のたとえ。

【金石の交わりの解説】

【注釈】 金属も石も堅く、容易に割れるものではないことから、「金石」はきわめて堅く、永久に変わらないもののたとえに用いる。
『漢書・韓信伝』に「今足下は漢王と金石の交わりを為すといえども、然れども終には漢王の擒とする所と為らん」とあるのに基づく。
「金石の契り」「金石の交(こう)」とも。
【出典】 『漢書』
【注意】 「金鉄の交わり」というのは誤り。
【類義】 魚と水管鮑の交わり/金蘭の契り/膠漆の交わり/心腹の友/水魚の親/水魚の交わり/断金の契り/断金の交わり断琴の交わり莫逆の友/刎頸の友/刎頸の交わり
【対義】
【英語】
【例文】 「彼とは生涯にわたり、金石の交わりといえる関係であった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス