金時の火事見舞い

【読み】 きんときのかじみまい
【意味】 金時の火事見舞いとは、飲酒などで顔が真っ赤になるさま。

【金時の火事見舞いの解説】

【注釈】 「金時」は、源頼光の四天王の一人である坂田金時(公時)のことで、顔の赤い金時が火事見舞いに行けば、炎の熱気でますます顔が赤くなることから。
金時の幼名は「金太郎」で、昔話「金太郎」のモデルといわれる。
【出典】
【注意】
【類義】 金時が酒に酔ったよう/金時の醤油炊き/金時の棒ねじり/猿の火事見舞い/猿の花見/満面朱を注ぐ
【対義】
【英語】
【例文】 「酒に弱い彼女の顔は、金時の火事見舞いのようだった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス