桐一葉

【読み】 きりひとは
【意味】 桐一葉とは、桐が一葉落ちるのを見て、秋の訪れを知ること。転じて、物事の一端から全体の動きを知ることのたとえ。また、物事の衰退していく前兆を感じることのたとえ。

【桐一葉の解説】

【注釈】 青桐は他の木に比べて早く葉が落ちるため、それにより秋の訪れを感じることができる。
「桐の一葉」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 一葉落ちて天下の秋を知る/桐一葉落ちて天下の秋を知る/霜を履みて堅氷至る/瓶中の氷を見て天下の寒きを知る
【対義】
【英語】 A straw show which way the wind blows.(一本の麦わらを見れば風向きがわかる)
【用例】 「些細な動きも見逃すな、桐一葉だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス