帰心矢の如し

【読み】 きしんやのごとし
【意味】 帰心矢の如しとは、故郷や我が家に早く帰りたいと強く思う気持ちのたとえ。

【帰心矢の如しの解説】

【注釈】 「帰心」とは、故郷や我が家に帰りたいと思う心。
「矢の如し」で、勢いよく飛ぶ矢のように早くという気持ちを表している。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「彼は終業の合図が鳴るや否や、走って帰っていった。彼の心情は帰心矢の如しといったところか」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス