狐の嫁入り

【読み】 きつねのよめいり
【意味】 狐の嫁入りとは、日が照っているのに、雨がぱらぱら降ること。日照り雨。天気雨。

【狐の嫁入りの解説】

【注釈】 狐の嫁入りは、夜に遠くの山野で、狐火と呼ばれる無数の灯火が一列に並んでいる様子を、狐が嫁入りする行列の提灯に見立てて呼んだもの。
天気雨が降るときには狐の嫁入りがあるという俗言から、日が照っているのに雨がぱらぱらと降ることを「狐の嫁入り」と言うようになった。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「雨が降り出したが、どうやら狐の嫁入りのようなので、予定通り出かけることにした」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス