狐を馬に乗せたよう

【読み】 きつねをうまにのせたよう
【意味】 狐を馬に乗せたようとは、動揺して落ち着かないさま。また、言うことが当てにならず信用できないことのたとえ。

【狐を馬に乗せたようの解説】

【注釈】 夕暮れに若い女に化けたキツネが、馬に乗った人に声をかけ乗せてもらう。
4、5町ばかり行ったところでキツネの姿に戻り、「こうこう」と鳴きながら走り去るという話が、『今昔物語集』の「高陽川の狐、女と変じて馬の尻に乗りし語」にある。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「彼はいつも狐を馬に乗せたような話ばかりする」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス