清水の舞台から飛び降りる

【読み】 きよみずのぶたいからとびおりる
【意味】 清水の舞台から飛び降りるとは、思い切って大きな決断をすることのたとえ。

【清水の舞台から飛び降りるの解説】

【注釈】 「清水」とは、京都市東山区にある音羽山清水寺のことで、北法相宗の総本山。
清水寺には高い崖に張り出して作られた舞台があり、その崖から飛び降りると所願成就のときに怪我をせずに済み、もしくは死んで成仏できるといわれ、身を投げる者が絶えなかったという。
その舞台から飛び降りるほど、必死の覚悟で実行するという意味。
多く値段の高い物を買うときや、値段を大きくまけるときなどに使われる。
【出典】
【注意】 「清水」を「しみず」と読むのは誤り。
【類義】 清水の舞台から後ろ飛び
【対義】
【英語】 shoot Niagara.(ナイアガラの滝を下る)
【用例】 「清水の舞台から飛び降りるつもりで、十万円の靴を買った」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス