杞憂

【読み】 きゆう
【意味】 杞憂とは、無用の心配、取り越し苦労のこと。

【杞憂の解説】

【注釈】 杞憂の「杞」は、古代中国に存在した国。
「憂」は、憂えること。
杞の国のある人が、もし天地が崩れ落ちたらどうしようかと、起こり得ないはずのことをしきりに心配し、夜も寝られず食事もできなくたという『列子・天瑞』の故事に基づく。
【出典】 『列子』
【注意】 「紀憂」と書くのは誤り。
恐れ、懸念するの意味で使うのは誤り。
誤用例 「このまま収入が右肩下がりだと、会社が潰れる杞憂がある」
【類義】 杞人天を憂う/杞人の憂い
【対義】
【英語】 If the sky falls we shall catch larks.(空が落ちてきたらヒバリが捕れる)
What if the sky fall?(もし空が落ちてきたらどうなるだろう)
【用例】 「一時は最悪の事態も考えたが、杞憂に終わったので安心した」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

杞憂(きゆう)の類語・同義語 - 類語玉手箱
杞憂の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス