傷口に塩を塗る

【読み】 きずぐちにしおをぬる
【意味】 傷口に塩を塗るとは、悪いことの上に、さらに災難や悪いことが重なることのたとえ。

【傷口に塩を塗るの解説】

【注釈】 傷口に塩を塗りこむと、しみていっそう痛くなることから。
単に「傷口に塩」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 痛い上の針/痛む上に塩を塗る/落ち目に祟り目/鬼は弱り目に乗る/切り目に塩/こけた上を踏まれる/瘤の上の腫れ物/転べば糞の上/転んだ上を突き飛ばす/損して恥かく/頼む木の下に雨漏る/泣きっ面に蜂/不幸は単独では来ない/踏んだり蹴ったり/痩子に蓮根/病み足に腫れ足/病む目につき目/弱身につけこむ風の神/弱り目に祟り目
【対義】
【英語】
【用例】 「婚約を破棄された上に、貸していた金も騙し取られた。そんな傷口に塩を塗るようなことをしなくても」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス