曲学阿世

【読み】 きょくがくあせい
【意味】 曲学阿世とは、学問の真理を曲げて、世間や権力者に気に入られるような説を唱え、こびへつらうこと。

【曲学阿世の解説】

【注釈】 「曲学」とは、学問の真理を曲げること。
「阿世」とは、世に阿る(おもねる)こと。
漢の時代、漢の武帝に召し出された轅固生が、儒学者の公孫子に言ったことばが由来とされる。
『史記・儒林列伝』に「公孫子、正学を務めて以て言え、曲学以て世に阿る無かれ(公孫子よ、正しい学問に励んで、はばかることなくありのままを言いなさい。学問を曲げて、世にへつらうべきではない)」とある。
「学を曲げて世に阿る」とも。
【出典】 『史記』
【注意】 学問の世界以外で使うのは誤り。
誤用例 「曲学阿世がまかり通る政治界」
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「あの学者は名声が欲しいために事実を書き換えた。曲学阿世の徒のすることだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス