九牛の一毛

【読み】 きゅうぎゅうのいちもう
【意味】 九牛の一毛とは、多数のうち、きわめて少ない部分のたとえ。また、比較にならないほどつまらないこと。

【九牛の一毛の解説】

【注釈】 「九牛」の「九」は具体的な数字ではなく、数が多いという意味。
多くの牛の中のたった一本の毛という意から、たくさんある中のきわめてわずかな部分のことをいう。また、取るに足りないこと。
司馬遷が友人の任安に宛てた手紙に「たとい僕、法に伏し誅を受くるも、九牛の一毛を亡うが若し(私が罪によって殺されたとしても、それは九牛が一毛を失った程度のこと)」とあるのに基づく。
【出典】 司馬遷『報任少卿書』
【注意】 見た目の小ささの意味で使うのは誤り。
誤用例 「生まれたての赤ちゃんの手は本当に小さくて、まるで九牛の一毛のようだった」
【類義】 死海の一滴/滄海の一粟/大海の一粟/大海の一滴
【対義】
【英語】 A drop in the busket.(バケツの中の一滴)
【用例】 「何十年の人生の中で数え切れないほどの人と出会うが、真の友人になれる人なんて九牛の一毛だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス