窮鳥懐に入れば猟師も殺さず

【読み】 きゅうちょうふところにいればりょうしもころさず
【意味】 窮鳥懐に入れば猟師も殺さずとは、窮地に陥った者が助けを求めてきたら、どんな理由があろうと助けてあげるものだということ。

【窮鳥懐に入れば猟師も殺さずの解説】

【注釈】 逃げ場を失った鳥が懐に飛び込んでくれば、鳥を撃つのが仕事である猟師であっても、哀れに思って殺したりはしないということから。
『顔氏家訓・省事』に「窮鳥の懐に入るは仁人の憫れむ所なり。況や死士、我に帰す。当にこれを棄つべけんや(逃げ場をなくして困窮した鳥が懐に飛び込んできたら、慈悲深い人はこれを助ける。まして死を覚悟している兵士が助けを求めてきたら、どうして見捨てることができるだろうか)」とあるのに基づく。
「窮鳥懐に入れば猟師も撃たず」とも。
【出典】 『顔氏家訓』
【注意】 「窮鳥懐に入れば猟師も殺せず」や「窮鳥懐に入れば猟師も撃てず」というのは誤り。
【類義】 怒れる拳笑顔に当たらず/尾を振る犬は打ち手なし/尾を振る犬は叩かれず/窮鳥懐に入る/袖の下に回る子は打たれぬ/杖の下に回る犬は打たれぬ/飛ぶ鳥懐に入る時は狩人も助く/這って来る犬は打てぬ
【対義】
【英語】 The lion spares the suppliant.(ライオンも命乞いをする者の命は助ける)
【用例】 「窮鳥懐に入れば猟師も殺さずだ、ライバルとして戦ってきた相手でも、今は手を貸してやるべきだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス