九死に一生を得る

【読み】 きゅうしにいっしょうをえる
【意味】 九死に一生を得るとは、ほとんど助かる見込みのない危険な状態から、かろうじて助かることのたとえ。

【九死に一生を得るの解説】

【注釈】 「九死」とは、九分通り助からない命という意味。
残り一分しか助かる見込みがない命(生)を拾う幸運のことをいう。
「得る」は「うる」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】 九死一生/死中に活を求める/十死一生/万死に一生を得る
【対義】
【英語】 To have a narrow escape.(ぎりぎりのところで逃れる)
【用例】 「母が脳卒中を起こしたときはもうだめだと諦めかけたが、幸いにも近くに医者がいたために九死に一生を得ることができた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス