窮すれば通ず

【読み】 きゅうすればつうず
【意味】 窮すれば通ずとは、最悪の事態に陥ってどうにもならなくなると、かえって活路が開けるものだということ。

【窮すれば通ずの解説】

【注釈】 人は、行き詰まってどうにもならない状況まで追い込まれると、かえって行くべき道が開かれることがある。絶体絶命だと思うような状況でも、案外解決の道はあるものだということ。
『易経・繋辞伝・下』に「困は、窮して通ず(占いで困の掛は、行き詰まっても必ず切り抜けることができる)」とあるのに基づく。
「通ず」は「通じる」「通ずる」とも言えるが、「通ず」が一般的。
「窮しては通ず」ともいう。
【出典】 『易経』
【注意】 「通ず」は用法の固定した成句。活用させるのは誤り。
誤用例 「さすがに万事休すだと思ったが、ギリギリのところで、窮すれば通じた」
【類義】 案じる子は生み易い/案じるより芋汁/案じるより団子汁/案じるより豆腐汁/案ずるより産むが易し/思うより産むが易い/必要は発明の母
【対義】 窮すれば濫す
【英語】 When things are at the worst they will mend.(物事は最悪の事態に陥ると好転するものだ)
A hungry man smells meat afar off.(空腹の人には遠くの食べ物も匂う)
Want makes wit.(窮すれば知恵)
【用例】 「窮すれば通ずというけれど、倒産の危機までいったのに、なんとか持ちこたえる策が見つかって安心したよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス