コロンブスの卵

【読み】 ころんぶすのたまご
【意味】 コロンブスの卵とは、誰かがやった後であれば簡単そうに見えることでも、最初にそれを思いつき実行することは難しく、貴重であるということ。

【コロンブスの卵の解説】

【注釈】 「新大陸の発見など誰にでもできる」と中傷されたコロンブスがテーブルの卵を一つ取って「それでは、この卵をテーブルの上に立ててみよ」と言ったが、誰もできなかった。
そこでコロンブスは、卵の尻をこつんとテーブルで潰して立ててみせ、「新大陸の発見もこれと同じだ。西へ船を走らせれば、誰でも大陸にぶつかるかもしれない。なんでもないことであっても、それを最初に思いつき実行することが重要なのだ」と述べたという話から。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 Columbus's egg.(コロンブスの卵)
【用例】 「コロンブスの卵と同じで、後からなら何とでも言える。簡単だと思うような事でも、それを見つけ行動したことに価値があるのだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス