呉越同舟

【読み】 ごえつどうしゅう
【意味】 呉越同舟とは、敵対する者同士や、仲の悪い者同士が同じ場所に居合わせることのたとえ。また、そのような者同士でも、同じ困難や利害のために協力することのたとえ。

【呉越同舟の解説】

【注釈】 春秋時代、敵同士であった呉と越の国がたまたま同じ舟に乗り合わせたときに、暴風に襲われて舟が転覆しそうになったときには互いに助け合ったという故事から。
『孫子・九地』にある「其の舟を同じくして済りて風に遭うに当たれば、その相救うや左右の手の如し(同じ舟に乗って川を渡っているときに、大風が吹いて舟が転覆しそうになれば、互いが左右の手のように動いて助け合った)」とあるのに基づく。
【出典】 『孫子』
【注意】 「呉越同船」と書くのは誤り。
【類義】 同舟相救う
【対義】
【英語】 while the thunder lasted, two bad men were friends.(雷が鳴っている間は、二人の悪人どもは友人であった)
Woes unite foes.(災いは敵同士を団結させる)
【用例】 「呉越同舟で、震災から復興するために皆が協力しあっている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス