五十歩百歩

【読み】 ごじっぽひゃっぽ
【意味】 五十歩百歩とは、わずかな違いだけで、本質的には変わらないことのたとえ。

【五十歩百歩の解説】

【注釈】 中国の戦国時代に、梁の恵王が「自分は、凶作の地にいる民を豊作の地に移住させるなど、常に人民に気を配っているのに、なぜ各地から人民が集まらないのだろうかと孟子に尋ねたところ、孟子は「戦場で五十歩逃げた者が、百歩逃げた者を臆病者だと嘲笑したら、どう思うかというたとえ話をした。
「逃げ出したことには変わりないのだから同じだ」と答えた恵王に、孟子は「その道理がわかっておられるなら、人民の数が他国より多くなることなど望まないことだ(人民が苦しむのを凶作のせいにしていては、他国の政治と大差はない)」と言ったという故事に基づく。
同様の立場にありながら、相手を嘲笑する愚かさをいう。
「五十歩を以て(もって)百歩を笑う」とも。
【出典】 『孟子』
【注意】 「五十歩」の本来の読み方は「ごじっぽ」だが、今は「ごじゅっぽ」と読まれることも多い。
差が大きすぎるもの同士に使うのは誤り。
誤用例 「偏差値が30の大学と65の大学を受験するのとでは、五十歩百歩ほどの差がある」
すぐれたもの同士に使うのは誤り。
誤用例 「ノーベル平和賞も、国民栄誉賞も、五十歩百歩の大きな賞である」
【類義】 一寸法師の背比べ/猿の尻笑い大同小異どんぐりの背比べ/似たり寄ったり/目糞鼻糞を笑う
【対義】
【英語】 As good twenty as nineteen.(20も19も似たようなもの)
A miss is as good as a mile.(1インチのミスも1マイルのミスもミスに変わりはない)
【用例】 「ここまでの大赤字が続けば、もはや百万円の損も二百万円の損も、五十歩百歩だ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス