剛毅木訥仁に近し

【読み】 ごうきぼくとつじんにちかし
【意味】 剛毅木訥仁に近しとは、意思が強く強固で、素朴で口数が少ない人物が、道徳の理想である仁に最も近い者であるということ。

【剛毅木訥仁に近しの解説】

【注釈】 「剛毅」とは、意思が強く、たやすく屈しないこと。
「木訥」は、飾り気がなく無口なこと。
「仁」は、道徳で理想とされる観念。
『論語・子路』にあることば。
【出典】 『論語』
【注意】 「剛毅」を「剛気」や「豪気」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】 巧言令色鮮し仁
【英語】
【用例】 「剛毅木訥仁に近しというが、彼はまさにそんな男で信頼できる」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス