郷に入っては郷に従え

【読み】 ごうにいってはごうにしたがえ
【意味】 郷に入っては郷に従えとは、風俗や習慣はその土地によって違うから、新しい土地に来たら、その土地の風俗や習慣に従うべきだということ。また、ある組織に属したときは、その組織の規律に従うべきだということ。

【郷に入っては郷に従えの解説】

【注釈】 『童子教』の「郷に入りては而ち郷に随い、俗に入りては而ち俗に随う」から。
「郷」とは、村里の意味。
「郷に入りては郷に従う」「郷に入りては郷に従え」「郷に入っては郷に従う」ともいう。
【出典】 『童子教』
【注意】 「郷に行っては郷に従え」と書くのは誤り。
「入って」を「はいって」と読むのは誤り。
【類義】 国に入ってはまず禁を問え/里に入りては里に従う/所の法に矢は立たぬ/人の踊るときは踊れ/門に入らば笠を脱げ
【対義】
【英語】 When in Rome do as the Romans do. When in Rome do as the Romans do.(ローマにいるときにはローマ人がするようにせよ)
Every country has its law.(どの国にもそれぞれの法がある)
【用例】 「自分の価値観とは違ったところがあったとしても、郷に入っては郷に従えで自分たちがこの町に合わせて規則を守っていくべきだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス