五臓六腑に沁みわたる

【読み】 ごぞうろっぷにしみわたる
【意味】 五臓六腑にしみわたるとは、腹の底まで沁みとおること。

【五臓六腑に沁みわたるの解説】

【注釈】 五臓六腑とは、伝統中国医学(漢方)においていう五つの内臓と六つのはらわたのこと。
五臓は心臓、肝臓、肺臓、脾臓、腎臓。
六腑は大腸、小腸、胃、胆、膀胱、三焦。
六腑にある三焦は、上中下の三つに分かれ、上焦は横隔膜より上部、中焦は上腹部、下焦はへそより下部にあり、呼吸・消化・排泄をつかさどる器官といわれた。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「三日ぶりにありついた食事は、五臓六腑にしみわたる美味しさだった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス