虎穴に入らずんば虎子を得ず

【読み】 こけつにいらずんばこじをえず
【意味】 虎穴に入らずんば虎子を得ずとは、危険を避けていては、大きな成功も有り得ないということのたとえ。

【虎穴に入らずんば虎子を得ずの解説】

【注釈】 虎の子を得るためには、虎の住むほら穴に危険をおかして入らねばならないことから、危険をおかさなければ大きな成功や功名は得られないということ。
後漢の班超が匈奴との戦いで危機に陥ったとき、部下に言った言葉から。
「虎子」は「虎児」とも書き、「こし」とも読む。
【出典】 『後漢書』
【注意】 「虎穴」を「虎口」とするのは誤り。
「入らずんば」を「はいらずんば」と読むのは誤り。
【類義】 危ない所に登らねば熟柿は食えぬ/危ない橋も一度は渡れ/枝先に行かねば熟柿は食えぬ
【対義】 開いた口へ団子/開いた口へ牡丹餅/危ない事は怪我のうち/石橋を叩いて渡る命あっての物種君子危うきに近寄らず/賢人は危きを見ず/聖人は危きに寄らず/棚から牡丹餅/命を知る者は巌牆の下に立たず
【英語】 Nothing venture, nothing have.(何の冒険もしなければ何も得られない)
The more denger the more honour.(危険が大きくなるほど名誉も大きくなる)
【用例】 「もし失敗したらすべてを失うかもしれないが、このチャンスを逃せば大成功も有り得ない。男たるもの虎穴を入らずんば虎子を得ずの気持ちで、一か八か勝負に出るときがあるはずだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス