故郷へ錦を飾る

【読み】 こきょうへにしきをかざる
【意味】 故郷へ錦を飾るとは、故郷を離れていた者が、立身出世して華やかに帰郷することのたとえ。

【故郷へ錦を飾るの解説】

【注釈】 「錦」とは種々の色糸や金銀糸を用いて模様を織り出した絹織物のことで、総じて豪華な織物をいう。
功成り名を遂げた者が、それで身を着飾り故郷に帰る意味から。
「故郷に錦を飾る」とも。また、単に「錦を飾る」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 衣錦之栄/帰るには錦着て行く/故郷には錦の袴を着て帰れ/故郷へ錦を着て帰る/故郷へ花を飾る/故郷へは錦を着る/錦を着て郷に還る
【対義】
【英語】
【用例】 「故郷へ錦を飾るために、この二十年ひたすら努力してきた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス