転ばぬ先の杖

【読み】 ころばぬさきのつえ
【意味】 転ばぬ先の杖とは、失敗しないように、万が一に備えてあらかじめ十分な準備をしておくことのたとえ。

【転ばぬ先の杖の解説】

【注釈】 転んでから杖を用意しても何の意味もなさない。転ぶ前に用心して手に杖を持つべきだということ。
「先」とは、ある基準より前(時間的に)という意味。
「転ばぬ」の「ぬ」は「転ぶ」の打ち消しの助動詞で、「転ぶ先の杖」としても意味は変わらないが、ことわざでは「転ばぬ」を用いるのが一般的である。
「転ばぬ先の杖柱」「倒れぬ先の杖」「こけぬ先に杖」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 石橋を叩いて渡る遠慮なければ近憂あり後悔先に立たず/事を事とすればすなわちそれ備えあり/備えあれば憂いなし/遠き慮りなければ必ず近き憂えあり/跳ぶ前に見よ/濡れぬ先の傘念には念を入れよ/降らぬ先の傘/良いうちから養生/用心に怪我なし/用心には網を張れ/用心は前にあり/予防は治療に勝る
【対義】 渇して井を穿つ泥棒を捕らえて縄を綯う/盗人を見て縄を綯う
【英語】 Forewarned is forearmed.(警戒は警備なり)
Prevention is better than cure.(予防は治療にまさる)
【用例】 「あれほどの津波はもう来ないだろうとは思うが、大地震に備えて防災グッズを万全に準備しておくことは転ばぬ先の杖だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス