転んでもただでは起きぬ

【読み】 ころんでもただではおきぬ
【意味】 転んでもただでは起きぬとは、たとえ失敗しても、そこで利益になるものを得ることのたとえ。また、どんな事態になっても必ず何か自分の利益になるものを見つけ出すという、欲深い人間のたとえ。

【転んでもただでは起きぬの解説】

【注釈】 転んでも必ずそこで何かを拾って起きるという意から、どんな場合も何か得になることを見つけ出す者のことをいう。
また、要領のよさや欲深さを冷評していう言葉。
「転んでもただは起きぬ」とも。
【出典】
【注意】 手間をかけた分だけ利益を確保するという意味で使うのは誤り。
誤用例 「せっかく時間と旅費をかけてここまで来たのだから、ついでに隣県まで行って、見回ってこよう。転んでもただでは起きない精神だ」
【類義】 こけた所で火打ち石/こけても馬の糞/こけても砂/受領は倒るる所に土を掴め/倒る所に土を掴む
【対義】
【英語】 All is fish that comes to net.(網にかかるものは全て魚である)
【用例】 「詐欺だと訴えられたのに、逆転勝利して、今度は名誉毀損で相手を訴えた。あの人はいつも転んでもただでは起きない人だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス