骨肉相食む

【読み】 こつにくあいはむ
【意味】 骨肉相食むとは、血を分けた者同士が激しく争うことのたとえ。

【骨肉相食むの解説】

【注釈】 「骨肉」とは、骨と肉のように切っても切り離せないもののこと。ここでは親子や兄弟など血の繋がった者の関係をいう。
「食む」は、害する、損なうなどの意味を持つ。
たとえ肉親であっても、利害が生じるような状況になると、他人同士以上の憎しみを生む場合もあるものだ。
「骨肉相争う」とも。
【出典】
【注意】 肉親同士以外の争いに使うのは誤り。
【類義】 兄弟牆に鬩ぐ/骨肉の争い/血で血を洗う
【対義】
【英語】
【用例】 「仲の良い兄弟だったのに、親の遺産をめぐって、骨肉相食む争いをするようになった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス