胡蝶の夢

【読み】 こちょうのゆめ
【意味】 胡蝶の夢とは、現実と夢の世界の区別がつかないことのたとえ。また、人生のはかないことのたとえ。

【胡蝶の夢の解説】

【注釈】 「胡蝶」は蝶の美称。
中国、戦国時代、思想家である荘周が胡蝶になった夢をみた。
自分が夢の中で蝶になったのか、それとも夢の中で蝶が自分になったのか、自分と蝶との見定めがつかなくなったという故事から。
『荘子・斉物論』にある「荘周夢に胡蝶となる。栩栩然として胡蝶となり、諭びて志に適う。周たるを知らざるなり。俄然として夢から覚むれば、すなわち、遽遽然として周なり。周の夢に胡蝶となるか、胡蝶の夢に周となるかを知らず」とあるのに基づく。
「胡蝶の夢の百年目」は、晩年に人生を振り返ってみて、夢のようであったと思うことをいう。
【出典】 『荘子』
【注意】
【類義】 荘周の夢/南柯の夢
【対義】
【英語】 When you have counted your cards you will find you gained but little you have gained but little.(持ち札を数えてみれば大した得点なし)
Our life is but a span.(人の一生は短い旅路にすぎない)
【用例】 「人生とはまさに胡蝶の夢で、華々しい栄光を勝ち取った後、彼はすぐに亡くなった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス