弘法筆を選ばず

【読み】 こうぼうふでをえらばず
【意味】 弘法筆を選ばずとは、本当の名人は、道具の善し悪しなど問題にしないというたとえ。

【弘法筆を選ばずの解説】

【注釈】 能書家の弘法大師はどんな筆であっても立派に書くことから、その道の名人や達人と呼ばれるような人は、道具や材料のことをとやかく言わず、見事に使いこなすということ。
下手な者が道具や材料のせいにするのを戒めた言葉。
「弘法は筆を選ばず」ともいう。
「弘法筆を択ばず」とも書く。
【出典】
【注意】 「弘法も筆の誤り(弘法にも筆の誤り)」と混同し、「弘法も筆を選ばず」とするのは誤り。
【類義】 善書は紙筆を選ばず/能書は筆を択ばず/名筆は筆を選ばず/良工は材を選ばず
【対義】 下手の道具調べ
【英語】 The cunning mason works with any stone.(熟練した石工はどんな石でも仕事をする)
He is an ill mason refuses any stone.(どんな石であれ、それを拒否するのは未熟な石である)
【用例】 「弘法筆を選ばずで、野球がうまくできないことをバットやグローブのせいにするべきではないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス