弘法にも筆の誤り

【読み】 こうぼうにもふでのあやまり
【意味】 弘法にも筆の誤りとは、どんな名人・達人にも、時には失敗することがあるというたとえ。

【弘法にも筆の誤りの解説】

【注釈】 弘法大師のような筆の達人でも、時には書き損なうことがあるということ。
弘法大師は、平安時代初期の僧、空海のことで、真言宗の開祖である。書の達人としても知られていた。
「弘法も筆の誤り」ともいう。
【出典】
【注意】 名人でない人や、自分のミスを弁護するために使うのは不適切。
誤用例 「あれくらいの凡ミスなら誰にでもある。弘法にも筆の誤りというから、気にせず今後の試合も全力でいこう」
「弘法にも筆の誤りというが、まさか私が計算ミスをするなんて自分でもびっくりだ」
【類義】 河童の川流れ/麒麟の躓き/孔子の倒れ/巧者の手から水が漏る/権者にも失念/猿も木から落ちる/釈迦にも経の読み違い/上手の猿が手を焼く/上手の手から水が漏る千里の馬も蹴躓く千慮の一失/知者の一失/知者も千慮に一失あり/天狗の飛び損ない/念者の不念/百足のあだ転び/文殊も知恵のこぼれ/竜馬の躓き
【対義】 愚者にも千慮に一得あり/愚者も一得/千慮の一得
【英語】 Even homer sometimes nods.(偉大なホーマーも時には居眠りすることがある)
【用例】 「彼のような優れた野球選手があんなフライ球を取り損ねるなんて、弘法にも筆の誤りはあるものだな」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス