巧遅は拙速に如かず

【読み】 こうちはせっそくにしかず
【意味】 巧遅は拙速に如かずとは、上手だが遅いよりも、下手でも速いほうがよいということ。

【巧遅は拙速に如かずの解説】

【注釈】 「巧遅」とは、出来はよいが仕上がりまでが遅いという意味。
「拙速」とは、出来はよくないが仕事が早いという意味。
場合によっては、ぐずぐずしているより、上手でなくとも、迅速に物事を進めるべきだということ。
『孫子・作戦』に「兵は拙速を聞くも、未だ巧の久しきを賭ざるなり(部隊を動かすのは、戦術がよくなくても迅速であるほうがよい。巧妙な戦術で長い間戦い続けているのを見たことがない)」とあるのに基づく。
兵法家の孫子が、戦争は戦術がよくないものであったとしても、迅速に行動し早く終結させるのがよいと説いたことばから。
【出典】 『孫子』
【注意】 出来が悪いのを正当化するために使うのは誤り。
誤用例 「巧遅は拙速に如かずと言うし、多少の誤字脱字があったって構わないだろう」
【類義】 拙速を貴ぶ
【対義】 急がば回れ
【英語】
【用例】 「巧遅は拙速に如かずだ、細かく煮詰める必要はないから、急いでやってくれ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス