光陰矢の如し

【読み】 こういんやのごとし
【意味】 光陰矢のごとしとは、月日の経つのがとても早いこと。

【光陰矢の如しの解説】

【注釈】 月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという戒めを含んでいる。
「光陰流水の如し」「光陰逝水の如し」ともいう。
「光」は日、「陰」は月の意味で、「光陰」は月日や時間を表す。
【出典】
【注意】 動作のスピードが速いという意味で使うのは誤り。
誤用例 「新幹線の最高速度は光陰矢のごとしだね」
【類義】 一刻千金一寸の光陰軽んずべからず烏兎匆匆送る月日に関守なし/今日の後に今日なし/金烏玉兎/光陰に関守なし/光陰人を待たず/歳月人を待たず/歳月流るる如し/時節流るるが如し/盛年重ねて来らず/兎走烏飛/白駒の隙を過ぐるが如し/露往霜来
【対義】
【英語】 Time flies.(時は飛び去る)
Time and tide wait for no man.(時は人を待たない)
【用例】 「社会人になってから、もう5年か。光陰矢のごとしだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス