好事魔多し

【読み】 こうじまおおし
【意味】 好事魔多しとは、良いことはとかく邪魔が入りやすいということ。

【好事魔多しの解説】

【注釈】 良いことには邪魔が入りやすいものだから、良いことがあったからといって有頂天になってはいけないという戒めの意を含む。
「魔」とは、「邪魔」の「魔」。
「好事魔を生ず」とも。
【出典】
【注意】 読み方としては「好事魔、多し」ではなく「好事、魔多し」と読む。
「好事」を「好きな事」の意とするのは誤り。
【類義】 寸善尺魔/月に叢雲、花に風花に嵐/花発いて風雨多し
【対義】
【英語】 Good luck comes by cuffing.(幸運は平手打ちをして過ぎ去る)
【用例】 「彼女はここ数年仕事もうまくいっており私生活も充実している。が、それに対して恋人はふたりの関係に不安を持つことがあるらしいよ。好事魔多しというからだろうね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス