後悔先に立たず

【読み】 こうかいさきにたたず
【意味】 後悔先に立たずとは、すでに終わったことを、いくら後で悔やんでも取り返しがつかないということ。

【後悔先に立たずの解説】

【注釈】 すんでいることを後から後悔しても取り返しがつかないので、事前に十分注意しなさいという教え。
「後の悔い(のちのくい)先に立たず」ともいう。
【出典】
【注意】 「立たず」を「建たず」と書くのは誤り。
【類義】 後悔先に立たず、提灯持ち後に立たず/後悔と槍持ちは先に立たず/後悔臍を噛む/転ばぬ先の杖/先立たぬ悔い/死んでからの医者話/濡れぬ先の傘/はまった後で井戸の蓋をする
【対義】
【英語】 Repentance comes too late.(後悔したときには手遅れ)
【用例】 「後悔先に立たずではあるが、あの日あの飛行機に乗らなければと思うと、悔やんでも悔やみきれない思いだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス