好機逸すべからず

【読み】 こうきいっすべからず
【意味】 好機逸すべからずとは、よい機会は逃してはならないということ。

【好機逸すべからずの解説】

【注釈】 チャンスが訪れたときは、それを逃さずに行動するべきである。
いくら努力や才能があっても、機会に恵まれなければ成功はないのだということ。
【出典】
【注意】
【類義】 思い立ったが吉日/機失うべからず/奇貨居くべし/事は時節/善は急げ鉄は熱いうちに打て/鉄は熱いうちに鍛えよ/物に時あり/物には時節
【対義】
【英語】 It is too late to grieve when the chance is past.(好機が過ぎてから嘆いて遅すぎる)
Now or never.(やるなら今、さもないと機会は二度と来ない)
【用例】 「好機逸すべからずで、こんなチャンスは二度と来ないだろうから、なんとしてでもものにすべきだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス