孝行のしたい時分に親はなし

【読み】 こうこうのしたいじぶんにおやはなし
【意味】 孝行のしたい時分に親はなしとは、親の有り難さがわかる年頃には、親はこの世にはいない。親が生きているうちに孝行せよという戒め。

【孝行のしたい時分に親はなしの解説】

【注釈】 親が達者なうちは、親の苦労や有り難みになかなか気づけず、それに気づく頃には親がこの世にいなくなっているものだ。
生きている孝行しておけばよかったと、悔やみ嘆くことをいう。
【出典】
【注意】
【類義】 石に布団は着せられず/樹静かならんと欲すれども風止まず/子養わんと欲すれども親待たず/墓に布団は着せられず/風樹の嘆
【対義】
【英語】 A good thing is known when it is lost.(良いものは無くして初めてその良さがわかる)
【用例】 「孝行のしたい時分に親はなしで、親を亡くしてから後悔ばかりの日々だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス