後生畏るべし

【読み】 こうせいおそるべし
【意味】 後生畏るべしとは、自分よりも若い者は、さまざまな可能性を秘めているし、努力によって将来どれだけの人物になるのかわからないから、若いからといって見くびってはいけないという戒め。

【後生畏るべしの解説】

【注釈】 「後生」とは、後に生まれた人。後輩のこと。
孔子の言葉として『論語・子罕』に「後生畏るべし。焉んぞ来者の今に如かざるを知らんや(無限の可能性を秘めた若者の存在は恐ろしいものだ。今の我々の水準に及ばないなどと、どうして言えるものか)」とあるのに基づく。
「後生恐るべし」とも書く。
【出典】 『論語』
【注意】 「後世畏るべし」と書くのは誤り。
「今時の若者は恐ろしい・思いやられる」の意味で使うのは誤り。
誤用例 「今の若者たちは言葉遣いが全然なっていない。後生畏るべしだ」
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「大学を卒業したばかりだというのに、今年の新入社員は何でもこなせるし一生懸命だ。後生畏るべしだね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス