狡兎死して走狗烹らる

【読み】 こうとししてそうくにらる
【意味】 狡兎死して走狗烹らるとは、必要なときは重宝がられるが、用がなくなればあっさり捨てられることのたとえ。

【狡兎死して走狗烹らるの解説】

【注釈】 「狡兎」とは、すばしっこい兎。「走狗」とは、猟犬のこと。
兎を捕まえる猟犬も、兎が死んでいなくなれば用無しになり、煮て食われることから、価値があるときは大事にされ、なくなれば簡単に捨てられることをいう。
本来は、敵国が滅びると、軍事に尽くした功臣であっても不要になって、殺される意味に用いられた。
越王勾践を助け、呉王夫差を破った氾践は、自分が伍子胥の二の舞になると悟り、同僚だった大夫の種に手紙を送り、君も越にいては危険だから勾践の元を去ったほうがよいとすすめたときに言った言葉。
『史記・越世家』に「飛鳥尽きて良弓蔵められ、狡兎死して走狗烹らる(鳥がいなくなれば良い弓も捨てられ、兎が死ねば猟犬も煮て食われる)」とあるのに基づく。
「狡兎死して走狗煮らる」とも書く。
【出典】 『史記』
【注意】 もともとあった能力がなくなったために切り捨てられるという意味で使うのは誤り。
誤用例 「狡兎死して走狗烹らるで、営業成績が悪くなったために左遷された」
【類義】 飛鳥尽きて良弓蔵る
【対義】
【英語】 The nurse is valued till the child has done sucking.(子供が乳を飲んでいる間は乳母も大事にされる)
When the fish is caught the net is laid aside.(魚が捕らえられると網は捨てられる)
【用例】 「狡兎死して走狗烹らるで、業務提携して方針が変わった途端、重宝がられていた人材がリストラにあった」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

狡兎死して走狗烹らるの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス